自分短歌

日々感じたことを短歌へ残す‼

自分短歌 狙い打ち

うごきだす かぜにみあずけ かほうまつ ときのうんあり どりょくやめず

自分短歌 忘れ物

わすれもの おもいだすころ ふようぶつ ときはとまらず ながされたまま

自分短歌 寂親

たくましく そだったこども すだってく いつのじだいも かわることなし

自分短歌 笑顔で許す娘

てがみより こうかばつぐん ぷれぜんと かなしうれしの なかなおりなり

自分短歌 枕へ手紙

おきてがみ つたわるのかな わがおもい かんじてほしい あいしてること

自分短歌 反省

くちきかず めもあわせない わがむすめ あやまったこと しかりかたなり

自分短歌 子が叱られ思うことは

おやとして このてほんには なるのかな しかられるとき こがおもうこと

自分短歌 思い出の歌

なつかしき うたがながれて なみだする かさねるおもい むねにひびいて

自分短歌 好奇心

はばたけば とおくとおくに とべるはず むこうがわには なにがあるのか

自分短歌 平穏

ありのまま すごしていきる むずかしさ あいとゆうきと こんじょうなり

自分短歌 日光浴

ひのひかり めいいっぱいの ありがとう きらきらむねに きょうをいきる

自分短歌 たんぽぽ

みちばたに たんぽぽひかり あしとまる きれいなかおが あたりをつつむ

自分短歌 初夏?

さんさんと てらすたいよう なつのよう ことしのなつも あついのだろう

自分短歌 桜おさめ

みじかきひ うたげがおわり なつをまつ はなびらかたる らいねんのはる

自分短歌 春超え

はるをこえ なつがきたのか かんちがい あせがしたたる きょうはあつい

自分短歌 負のスパイラル

かさなるひ すくないときで おおきあり のりこえるのは ほんもののりき

自分短歌 チャンスを掴む人

ひらめきと ひといちばいの ゆうきかな きらきらしてる あなたのえがお

自分短歌 蛙

おこられて かおにでるのは おやゆずり わがこをみては われなおすなり

自分短歌 砂場の花びら

はなびらが ちるもいろどる なみげしき うすいぴんくで あたりをつつむ

自分短歌 笑顔

やさしさは えがおのなかに ひめている あなたがいつも つくりだすかな

自分短歌 苔

ひをあびて みどりがひかる うつくしき ちいさないのち こころをつかむ

自分短歌 朝

あたたかな ひざしあふれて むねはずむ せかいのひとよ しあわせになれ

自分短歌 雨桜

さくらたち やさしいあめで ひとやすみ あすまたみせる まんかいのえみ

自分短歌 好物(笑)

はらへりの おっさんあいす たべものは はむのかたまり しゃけおにぎり

自分短歌 夢を濃く

よまれてる こころはずかし われうすい まけてたまるか ゆめふくらます

自分短歌 見たい笑顔

よなよなに そうじにせいを あせたれる ぴかぴかにして みんなえがおさ

自分短歌 一人休日

やまのぼり はるまんきつし おんせんへ けいかくたてる ひとりのじかん

自分短歌 旅行にてお一人様

さわがしい ひびのせいかつ あながあく ひとりになると さみしいのかな

自分短歌 小春

ひにむかい すくすくのびる おはなたち がんばってるね こえかけをする

自分短歌 公園2

ゆれている ぶらんこながめ おもいだす せなかおされて かぜになったひ

自分短歌 公園

こどもたち みどりとうたう いきいきと はるのおとずれ みじかにおもう

自分短歌 朝帰り

よがあけた あたりあかるく はらがへる ねむるとおきず よるがくるかな

自分短歌 待春

あめつづく おくれたのしみ さくらかな うつくしきはる おとずれをまつ

自分短歌 願う贅沢

さけをのみ さくらみながら すしつまむ しあわせのとき おもいつのらせ

自分短歌 月夜桜

つきあかり てらしさくらの うつくしき きみのいろかに かなうものなし

自分短歌 桜

あたたかな ひざしをあびて さくらさく こころうばわれ ときをわすれる

自分短歌 感謝

はるやすみ わがこのこえで みたされる ふつうのかいわ こころあたたか

自分短歌 涙

あさがたの つめたいあめが ここちよい ながしてくれる こころのなみだ

自分短歌 我信

あなたには できないことは なにもない しんじるちから むげんだいなり

自分短歌 夢桜

まんかいの さくらのしたで ねむりたい ゆめおいかけた おもひでむねに

自分短歌 花

いろかほり ゆめみごこちな はなばたけ やくそくしする まもりぬくなり

自分短歌 我問

みてるのは つらいめのまえ にげている どうなりたいか むねにとうべし

自分短歌 夜食

まよなかに たべたくなるは らーめんか こよいもおなか ゆうわくまける

自分短歌 夢

くもすきま ひかりあらわる てんのこえ きぼうをもって めざめなさいと

自分短歌 ゾーン

あさがたの とぎすまさるる ごかんかな しかいひろがり ときわすれけり

自分短歌 自思

ねんりんを かさねるごとに つよくなる きぎをながめて ちいささをしる

自分短歌 会話

今日は雑談です‼ 近所のスーパー銭湯でのお話 炭酸泉に浸かっていると、二人のご老人の 会話が聞こえてきました。 お二人とも銭湯での顔馴染みだけど、会話したのは初めてのようでした。 日本の文化は凄い‼ 裸の付き合いは、仲良くなれる‼ Aさん75歳「人間の…

自分短歌 スマホ

いまのよに なくてはならぬ でんしきき せかいひろがる けいたいでんわ

自分短歌 母

まほうのて さすればいたみ きえてゆく わすれはしない ははのぬくもり

自分短歌 違思

おやおもい おせっかいする きらわれる おやこうこうは むずかしきなり