読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分短歌

日々感じたことを短歌へ残す‼

自分短歌 歴史

ときこえて あゆみゆくのは おもいかな わすれぬことが あすつくりける

自分短歌 自思

ふりかえり いとおしむこと ちかうこと きぼうもつこと あいすことなり

自分短歌 選択

こころには ひかりとやみが みえかくれ どちらとっても それがじぶんだ

自分短歌 インフル2

まかふしぎ ひとよでねつが さめたあさ えがおこぼれる かんちがいかな

自分短歌 インフル

おくれくる いんふるえんざ ふるえるよ ちいさなからだ ねつたかくなり

自分短歌 運

すきになる ほめてつかわす われじしん いのりをささげ うんをかちとる

自分短歌 自思

しあわせは あいされること つきるなり おしむことなき どりょくすべし

自分短歌 自思

あたらしい ことにめをむけ とまらない いきることとは はっけんなのだ

自分短歌 友愛

こえきかず かおをみずとも あいします ささえてくれた あなたのことば

自分短歌 どこに

さがしてる じぶんらしさを あてもなく たどりつけたら ひかりさすのか

自分短歌 足跡

このさきに なにをのこして いくだろう このてをにぎり きょうもあるく

自分短歌 日夕

いつもより ひがながいかな おちつくひ やさしいゆうひ ひさびさにみる

自分短歌 創

もうそう(妄想)が りそう(理想)となりて こうそう(構想)し こう(功)をそう(奏)して われじょうそう(情操)

自分短歌 晴

ぽかぽかと ひざしあかるく きもちよし あめがあがって まちなみひかる

自分短歌 雨湯

あめおちて ぽとんとかえる みずのたま ゆげのあいだに ひかりをくれる

自分短歌 夜雨

あめふるよ おとはしずかに しんみりと すいまがぼくを つつみゆくけり

自分短歌 柔軟

すこしづつ ひろがりわかる うれしかな こよいもはげむ かいきゃくなり

自分短歌 自姿

そうぞうと げんじつのさい ひらいてる たにんがえがく じぶんぞうかな

自分短歌 自思

やるきとは こころからだの けんこうだ なくしてまえは みることできず

自分短歌 休み

ねるまなく あさをむかえて おやすみの たのしみふえる まったぶんかな

自分短歌 春気分

ふくさがし すっかりこころ はるきぶん さくらがまうひ まちどおしかな

自分短歌 小腹

こさめふる ふゆのあさがた おきている おでんほおばり おとくなきぶん

自分短歌 一瞬

もしあのひ なやんでいたら いまはなし ずれていたなら ちがううんめい

自分短歌 空へ願いを

ひびくのか こころのさけび あおいそら しんじることの たいせつさなり

自分短歌 地図

みつめてる さきにあるのは どのみらい あなたがつくる あかるいみらい

自分短歌 本音

ほんとうに やりたいことは わかってる なにかのせいに しているだけさ

自分短歌 温泉

ゆのなかに ほのかにかおる ゆずがうく くるくるまわり いやしてくれる

自分短歌 始終

はじまりが あればかならず おわりあり だれがきめるか おのずでいこう

自分短歌 どきどき

くちぐせや しぐさがにてる ふたりかな かさなることで うんめいおもふ

自分短歌 湯空

なやみどき ゆにつかるのが いちばんだ われちいささを そらみておもう

自分短歌 和の国

うばいあい ひともしごとも こうれいか にっぽんのさき かんがえるなり

自分短歌 人材不足

ひとたりず なげきぎょうの かなしかな せんこうとうし なきなみのまれ

自分短歌 温暖化と高齢化

にっぽんの おんだんすすむ はやいなり こうれいすすむ そくどかわらず

自分短歌 弱時

せなかおす ことばがあると がんばれる ほんをたよりに さがしだすかな

自分短歌 朝

ほっとする めざめてよこの このねがお きょうもあさが やってきたかな

自分短歌 静かな夜

ひんやりと くうきつめたし むおんかな つめたいどうろ あさひまつなり

自分短歌 土日(T-T)

のみすぎて きおくなくなり おこされる しはつでかえり いちにちつぶれ

自分短歌 自思

いちたして にになったなら さんになる かぞくのきずな ふえていくなり

自分短歌 成長

しんじつか いつわりなのか みきわめる われをしんじて のりこえてゆけ

自分短歌 冬の雨

さむいよる しずかにおちる あめのつぶ ひさびさのおと なつかしきなり

自分短歌 生きる

あすがくる しってるぼくは しあわせだ いきてることの ありがたさなり

ニュースを見て

かなしいこと たいせつないのちが うばわれること くるしみをうむ なみだでまえがみえなくなる じぶんのことではないのに かさねてしまう いらだちとにくしみがわく あすはわがみ かがいしゃなのか ひがいしゃなのか ぼうかんしゃなのか わからない ただここ…

自分短歌 空腹

はらへって おなかとせなか つきそうだ にくにくにくと よだれがたれる

自分短歌 反省

またひとつ にげたじぶんに いらだちが やるきすいっち むすめにまなぶ

自分短歌 現実

やらずして やったきでいる われへかつ たにんごとにし にげているだけ

自分短歌 二度寝 

ゆめがさめ げんじつになり にどねする さむいふゆあさ ここちよいかな

自分短歌 輪

しらぬひと あってひらける みちがあり せだいをこえて つながるわかな

自分短歌 火命

あたえしは とうとくもえる いのちなり おのずからひを けすことなかれ

自分短歌 自思

ねんれいは あるなしあるが かんがえぬ やりたいことを するかしないか

自分短歌 ロト7

あたるかな かってはじめて ゆめつのる おもいがつまる じゅうおくえん