読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分短歌

日々感じたことを短歌へ残す‼

自分短歌 弱時

せなかおす ことばがあると がんばれる ほんをたよりに さがしだすかな

自分短歌 朝

ほっとする めざめてよこの このねがお きょうもあさが やってきたかな

自分短歌 静かな夜

ひんやりと くうきつめたし むおんかな つめたいどうろ あさひまつなり

自分短歌 土日(T-T)

のみすぎて きおくなくなり おこされる しはつでかえり いちにちつぶれ

自分短歌 自思

いちたして にになったなら さんになる かぞくのきずな ふえていくなり

自分短歌 成長

しんじつか いつわりなのか みきわめる われをしんじて のりこえてゆけ

自分短歌 冬の雨

さむいよる しずかにおちる あめのつぶ ひさびさのおと なつかしきなり

自分短歌 生きる

あすがくる しってるぼくは しあわせだ いきてることの ありがたさなり

ニュースを見て

かなしいこと たいせつないのちが うばわれること くるしみをうむ なみだでまえがみえなくなる じぶんのことではないのに かさねてしまう いらだちとにくしみがわく あすはわがみ かがいしゃなのか ひがいしゃなのか ぼうかんしゃなのか わからない ただここ…

自分短歌 空腹

はらへって おなかとせなか つきそうだ にくにくにくと よだれがたれる

自分短歌 反省

またひとつ にげたじぶんに いらだちが やるきすいっち むすめにまなぶ

自分短歌 現実

やらずして やったきでいる われへかつ たにんごとにし にげているだけ

自分短歌 二度寝 

ゆめがさめ げんじつになり にどねする さむいふゆあさ ここちよいかな

自分短歌 輪

しらぬひと あってひらける みちがあり せだいをこえて つながるわかな

自分短歌 火命

あたえしは とうとくもえる いのちなり おのずからひを けすことなかれ

自分短歌 自思

ねんれいは あるなしあるが かんがえぬ やりたいことを するかしないか

自分短歌 ロト7

あたるかな かってはじめて ゆめつのる おもいがつまる じゅうおくえん

自分短歌 幸せなこと

ひるさがり ごはんたのしむ ふうふみる けしきみながら えがおこぼれる

自分短歌 温泉

じんわりと からだにしみる ここちよい ゆけむりかをる あおぞらのした

自分短歌 前心

おもうこと いますぐすべし たのしなら みちはひらける まえをむくなり

自分短歌 自思

てのひらで おどるうちこそ まもられて はなれたさきは せんじょうなり

自分短歌 希思

ふつふつと ちからわきたつ ときがある きょうはきっと ちゃんすがある

自分短歌 やる気

きっかけは めのまえにあり つかむなり みきわめるなら すきかきらいか

自分短歌 癒し

すっきりと くもひとつない おおぞらが いやしてくれる ちいさなこころ

自分短歌 冬朝

めをこする よがあけるまで すうじかん さむさのなかで かっぷめんかな

自分短歌 民

はっするは せかいをかえる ひとことか まもっていかな みんしゅしゅぎ

自分短歌 

めをとじて むにおちつきす ゆっくりと ふかきねむりに あさがくること

自分短歌 希気

はれている あさやけをみて ほっとする いいことあると きたいたかなる

自分短歌 怖夢

ゆめをみた かわのはんらん ひとおそう なにもできずに われたちすくむ

自分短歌 娘へ

いまはまだ はをくいしばり まなぶとき くやしなみだは つよくなるなり

自分短歌 娘へ

はれぶたい ふあんときぼう いりまじる われしんずるは おおきなちから

自分短歌 励み

ふるきとも かつやくしれば はげみなり おたがいあゆむ みちはちがえど

自分短歌 生きる

たのしとき みじかくきえる ほしのかず いきてることの すばらしさかな

自分短歌 昼温泉の贅沢

はればれと そらのあおさが まぶしいが だいのじになり ゆにうかぶかな

自分短歌 プロ

おちつくは なじみのみせの そのかたの かわらぬえがお せっきゃくなり

自分短歌 家族

おなじあさ おなじせいかつ ありがたい へんかのなかで かわらぬところ

自分短歌 朝

こおりつく くるまがらすに ちりばった きらきらひかる けっしょうかな

自分短歌 

こをしかり じぶんをしかる いたなみだ いいきかせたは じぶんのこころ

自分短歌 焦り

たまにはね ちからをぬいて おちつこう みけんしわより ひとばなれしす

自分短歌 ぐうたらな日

よこになる てれびをみては ねむくなる くりかえしては はらがへる

自分短歌 朝食

みそしると しろめしたまご なっとうと おしんこのりと やきざかなかな

自分短歌 大寒

くもおおう そらをみあげて ほしみえず あめがくるのか からだがひえる

自分短歌 迷ったら

おおきさの もんだいでなく こころかな すきかきらいか きらいかすきか

自分短歌 

あなたしか できないことが ここにあり いきてるいみは そこにありけり

自分短歌 

きもちよく あいさつをする ちからわく えがおのはなを さかせてみよう

自分短歌 明日へ

みつめるは すいへいせんの むこうがわ しずかになみが ゆうひをさらう

自分短歌 眠心

めざめよと まいにちこころ といかける なかなかさめぬ ながいとうみん

自分短歌 自思

であいとは ひとをおおきく するものだ いちりゅうふれ われをしるなり

自分短歌 弱気

まっている だれかにことば きたいする よわいじぶんが かおをだすかな

自分短歌 絵

こどもとは おもいえがける すばらしき つたえるこころ なみだこぼるる