読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分短歌

日々感じたことを短歌へ残す‼

自分短歌 感謝

はるやすみ わがこのこえで みたされる ふつうのかいわ こころあたたか

自分短歌 涙

あさがたの つめたいあめが ここちよい ながしてくれる こころのなみだ

自分短歌 我信

あなたには できないことは なにもない しんじるちから むげんだいなり

自分短歌 夢桜

まんかいの さくらのしたで ねむりたい ゆめおいかけた おもひでむねに

自分短歌 花

いろかほり ゆめみごこちな はなばたけ やくそくしする まもりぬくなり

自分短歌 我問

みてるのは つらいめのまえ にげている どうなりたいか むねにとうべし

自分短歌 夜食

まよなかに たべたくなるは らーめんか こよいもおなか ゆうわくまける

自分短歌 夢

くもすきま ひかりあらわる てんのこえ きぼうをもって めざめなさいと

自分短歌 ゾーン

あさがたの とぎすまさるる ごかんかな しかいひろがり ときわすれけり

自分短歌 自思

ねんりんを かさねるごとに つよくなる きぎをながめて ちいささをしる

自分短歌 会話

今日は雑談です‼ 近所のスーパー銭湯でのお話 炭酸泉に浸かっていると、二人のご老人の 会話が聞こえてきました。 お二人とも銭湯での顔馴染みだけど、会話したのは初めてのようでした。 日本の文化は凄い‼ 裸の付き合いは、仲良くなれる‼ Aさん75歳「人間の…

自分短歌 スマホ

いまのよに なくてはならぬ でんしきき せかいひろがる けいたいでんわ

自分短歌 母

まほうのて さすればいたみ きえてゆく わすれはしない ははのぬくもり

自分短歌 違思

おやおもい おせっかいする きらわれる おやこうこうは むずかしきなり

自分短歌 信歩

すすむんだ みているけしき かわっても じぶんをしんじ きょうもあるく

自分短歌 夢

ゆめをみる こどものように まっすぐに としをとっても かわりはしない

自分短歌 現れ 洗われ 

つきあかり あびてあらわる わがこころ あすのきぼうを みらいへつばさ

自分短歌 歴史

ときこえて あゆみゆくのは おもいかな わすれぬことが あすつくりける

自分短歌 自思

ふりかえり いとおしむこと ちかうこと きぼうもつこと あいすことなり

自分短歌 選択

こころには ひかりとやみが みえかくれ どちらとっても それがじぶんだ

自分短歌 インフル2

まかふしぎ ひとよでねつが さめたあさ えがおこぼれる かんちがいかな

自分短歌 インフル

おくれくる いんふるえんざ ふるえるよ ちいさなからだ ねつたかくなり

自分短歌 運

すきになる ほめてつかわす われじしん いのりをささげ うんをかちとる

自分短歌 自思

しあわせは あいされること つきるなり おしむことなき どりょくすべし

自分短歌 自思

あたらしい ことにめをむけ とまらない いきることとは はっけんなのだ

自分短歌 友愛

こえきかず かおをみずとも あいします ささえてくれた あなたのことば

自分短歌 どこに

さがしてる じぶんらしさを あてもなく たどりつけたら ひかりさすのか

自分短歌 足跡

このさきに なにをのこして いくだろう このてをにぎり きょうもあるく

自分短歌 日夕

いつもより ひがながいかな おちつくひ やさしいゆうひ ひさびさにみる

自分短歌 創

もうそう(妄想)が りそう(理想)となりて こうそう(構想)し こう(功)をそう(奏)して われじょうそう(情操)

自分短歌 晴

ぽかぽかと ひざしあかるく きもちよし あめがあがって まちなみひかる

自分短歌 雨湯

あめおちて ぽとんとかえる みずのたま ゆげのあいだに ひかりをくれる

自分短歌 夜雨

あめふるよ おとはしずかに しんみりと すいまがぼくを つつみゆくけり

自分短歌 柔軟

すこしづつ ひろがりわかる うれしかな こよいもはげむ かいきゃくなり

自分短歌 自姿

そうぞうと げんじつのさい ひらいてる たにんがえがく じぶんぞうかな

自分短歌 自思

やるきとは こころからだの けんこうだ なくしてまえは みることできず

自分短歌 休み

ねるまなく あさをむかえて おやすみの たのしみふえる まったぶんかな

自分短歌 春気分

ふくさがし すっかりこころ はるきぶん さくらがまうひ まちどおしかな

自分短歌 小腹

こさめふる ふゆのあさがた おきている おでんほおばり おとくなきぶん

自分短歌 一瞬

もしあのひ なやんでいたら いまはなし ずれていたなら ちがううんめい

自分短歌 空へ願いを

ひびくのか こころのさけび あおいそら しんじることの たいせつさなり

自分短歌 地図

みつめてる さきにあるのは どのみらい あなたがつくる あかるいみらい

自分短歌 本音

ほんとうに やりたいことは わかってる なにかのせいに しているだけさ

自分短歌 温泉

ゆのなかに ほのかにかおる ゆずがうく くるくるまわり いやしてくれる

自分短歌 始終

はじまりが あればかならず おわりあり だれがきめるか おのずでいこう

自分短歌 どきどき

くちぐせや しぐさがにてる ふたりかな かさなることで うんめいおもふ

自分短歌 湯空

なやみどき ゆにつかるのが いちばんだ われちいささを そらみておもう

自分短歌 和の国

うばいあい ひともしごとも こうれいか にっぽんのさき かんがえるなり

自分短歌 人材不足

ひとたりず なげきぎょうの かなしかな せんこうとうし なきなみのまれ

自分短歌 温暖化と高齢化

にっぽんの おんだんすすむ はやいなり こうれいすすむ そくどかわらず